テレクラの歴史は古い|テレクラやツーショットダイヤルなら電話エッチが楽しめる

テレクラやツーショットダイヤルなら電話エッチが楽しめる

テレクラの歴史は古い

白いスマホ

テレクラの歴史はとても古く、その歴史は1985年にまで遡ります。
1985年に東京の新宿で第一号店が開業され、そこからたくさんの人たちの人気を集め、どんどん広まっていきました。
当時のテレクラの主流は店舗型で、男性がテレクラの店舗へ足を運び、利用時間を決めて料金を支払い、個室で女性からの電話を待つといったシステムになっていました。
そのときはまだ携帯電話もなかったので、電話で女性と繋がることができ、会話ができるテレクラは貴重なものだったのでしょう。
女性側は店舗へ行く必要がなく、雑誌やティッシュの広告に書かれている番号を見てお店に電話をかけ、相手と繋がったら会話をするという感じでした。
ですが、1990年の頃に厳しい制限がかかり、出会い系など他のサービスに押されたこともあり、テレクラの店舗は数が減っていきました。

ところがインターネットの普及が進み、携帯電話も登場したことで、テレクラは再び勢いを取り戻しました。
無店舗型に移行したテレクラはインターネット上でも利用できるようになり、女性だけでなく男性も店舗へ足を運ぶ必要なくテレクラを利用できるようになりました。
24時間いつでも利用することができ、自分の都合のいいときに出会いを求めることができるテレクラは、今再びブームになっているといっていいほどに人気を集めています。

携帯電話の普及でより身近になったといえるテレクラ。
古くから存在しているサービスなので実績もありますし、セキュリティも厳重に組まれているので安心して利用できます。
まだ利用したことがないのなら、一度利用してみてはいかがでしょうか?

↑ トップへ